伊豆大島発!民宿三佳ブログ

伊豆大島の様子や出来事に加え、管理人の日常やら
思ったことなどを書き綴るブログでありますよ。
<< 北海道旅行三日目。 | main | 11月の大島風景。 >>
北海道旅行四日目。

さすがに観光疲れが出てきたのか、朝起きれなくて
朝食を済ましたのが9時過ぎ。
チェックアウトまでに周辺観光をと思っていたのが
ちょっと余裕がなくなってしまいました。

 

 

〜登別温泉地獄谷〜

 

 


第一滝本館を出てすぐのところに登別温泉地獄谷があります。
しかし、ガッツリ歩くには時間がなさすぎて。
近くの橋からもくもく煙が上がっているのを見て終了。
ま、男湯から地獄谷は見えてたのでこれで良し。

 


〜大湯沼から日和山展望台〜

 

 

 

 

 


温泉街からさらに山の奥のほうへ登ると、大沼湯や日和山といった、
いかにも温泉地的に煙がもくもく上がっているスポットがあります。
そういえば大島も噴火後しばらくは蒸気上がってたなとか思い出しました。

 

 

〜倶多楽湖〜

 

 


さらに山奥に進むと俱多楽湖があります。
扇形展望台からだとちょっとしか見えないので、湖畔まで行きました。

 

 

 

 


天気が微妙で、自慢の透明度がイマイチわからなかった。
登別周辺の賑わいに比べて、観光客は少なかったから秘湖感はあるので
お天気の良いときにまた訪れてみたいです。

 


〜そば哲遠浅店〜

 


牧場見学と言えばそば哲、というお店。
ノーザンファーム早来へ行くときは必ず寄ります。

 

 

 


今年も美味しいお蕎麦と天ぷらを楽しみました。

 

春日部の相方は道新スポーツにも夢中でした。

 


〜社台SSからノーザンファーム早来〜

 

 

昼過ぎだったので放牧されてる馬はいませんでしたが、
社台スタリオンステーションの見学場へ行ってみました。
元々そんなに種牡馬に興味はないんだけど、こうやってラインナップ見ると
やっぱちょっと見てみたかったなと。

 

そんなこんなですぐ近所のノーザンファーム早来へ。

 

 


事務所棟が新しくなって、メモリアルホールみたいになってました。

こちらでは三頭の見学です。

 

 

一頭目はピースエンブレムの18(牝・父ディープブリランテ)
早来岡厩舎448kg キャロットクラブ。

 

 


リップサービスなのかもですが早くから使い出せそうのことで
順調にいってもらえればと思う次第です。
今どきの競走馬、早期デビューは大きなアドバンテージになりますからね。
まぁ、まず能力ありきなのではありますが。

 

 

二頭目は2歳馬セレナズヴォイス(牝・父オナーコード)
早来村上厩舎489kg キャロットクラブ。

 

 


骨片摘出もあってデビューが遅れていますが、今は順調に乗り込んで
年内の本州移動を目指しているとのこと。
気性もよさそうだし、無事使い出せれば、活躍してくれそうな気がします。
もう頓挫しないで。

 

 

三頭目はラルケットの18(牝・父ルーラーシップ)
早来山根厩舎454kg サンデー。

 

 


二つ上の兄ステルヴィオ、一つ上の全兄ヒシゲッコウ。
お母さんはあたしの初1/40馬ラルケットというスペシャルな馬が大トリ。
募集時小さめで少し心配だった馬体も徐々に膨らんできました。
母、そして兄が届かなかったクラシック戴冠を目指して欲しいですね。

 

 

中尾さんご案内ありがとうございました。

紅葉を見せてくれたり、面白いお話をしてくれたり

楽しい見学でした。

 

 

〜新千歳空港〜


旅の最後に新千歳空港巡り。

 

最初にISHIYA CAFE へ。


ここではテーブルでクリームをドバっと流れ出させるイシヤパンケーキを。

 

 


ビジュアルもすごいですが、パンケーキ自体がふわふわで軽くて美味しい。
素晴らしい一品でした。

 

 

次に熱烈なファイターズ(いや吉田輝星?)ファンの春日部の相方が必ず寄る
ファイターズのお店FIGHTERS DINING ROSTER へ。

 

 


ここで吉田輝星のプリントされたラテやらタピオカドリンクを飲みます。

 

 

春日部の相方大興奮。

 

 

あたし黒糖タピオカミルクティーを飲んだのですが、タピオカ初体験。
あれ結構吸わないと上がってこないんですね。
プリントを崩さず飲めという無理な注文も相まってなかなかしんどかったです。

 

 

ということで帰りの飛行機が多少遅延しましたが無事帰京し、
今年の夏休みは幕を閉じました。

 

来年も観光にグルメに、研究を重ねて北海道旅行を計画したいと思います。

| | 23:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://miyoshiblog.miyoshi-izu-oshima.com/trackback/800353
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE