伊豆大島発!民宿三佳ブログ

伊豆大島の様子や出来事に加え、管理人の日常やら
思ったことなどを書き綴るブログでありますよ。
<< 10月。 | main | 北海道旅行二日目。 >>
北海道旅行一日目。

今年も恒例遅い夏休みということで
春日部の相方と北海道旅行に行ってきました。


出発は10/22、即位礼正殿の儀が行われた日でした。


〜羽田空港〜

 


朝8:15の飛行機で新千歳へ。

 

羽田は雨でしたが

 

雲の上。

 

早来上空。

ノーザンファームと社台スタリオンステーションが見えます。

 


北海道はまずまずのお天気でした。

レンタカーを借りて、まずノーザンホースパークへ。

 

 

〜ノーザンホースパーク〜

 

この日はノーザンファームの繁殖牝馬セール当日。
競走馬のお母さんたちが売買されていました。

 

 

 

 

遠巻きからセリ市の雰囲気を楽しめてラッキーでした。

 

その後、本来の目的である元出資馬トライアンフマーチとの面会。

 

繁殖牝馬セール開催の影響で、いつもとは違う厩舎に
移動させられていましたが、寝藁をむしゃむしゃ食べて
相変わらず元気そうでした。

 


これまたセールの影響でいつもあげる馬用のおやつ「にんじんクッキー」
が販売休止中でふるまってやれなかったのが残念でした。
次来た時には今回の分もプラスしてあげようと思います。



厩舎猫。

 

初日の馬イベントはこのへんで切り上げて。
 

 

〜道の駅ウトナイ湖〜

 

 

 

道の駅ウトナイ湖に立ち寄ります。

 

 

苫小牧のゆるキャラ、とまチョップ。

 

お昼時だったので苫小牧のブランド豚、B1とんちゃんを使った
豚まんをいただきました。

 

ジューシーな豚肉の餡が詰まっていて美味しかったです。

苫小牧のご当地カレーラーメン味の大王と迷ったのですが
いろいろあって最終的にカレーラーメンは今回の旅では
食べられずじまいで終わりました。

 

 

食後、ウトナイ湖を眺めてみました。

 

 

 


このあたりはわりと平たんな地形なのでひたすら湖面が広がっていました。

 

このあと高速は使わず一般道で洞爺湖を目指します。

 

 

〜北の匠 回転寿しクリッパー 白老店〜

 

途中、お昼が豚まんだけではというので苫小牧のご当地回転ずしクリッパーに。

 


苫小牧で揚がった黒ソイのお寿司をいただきました。

 

 

定番のサーモンとまぐろもいただきました。

 

 

〜洞爺湖登別線オロフレ峠〜

 

36号線から洞爺湖登別線へ。
ここにはオロフレ峠という見どころがあります。


峠を登るにつれ、だんだん曇ってきたので怪しいと思いましたが
オロフレ峠は標高の高さ故のあたり一面ガス。

 

 


展望台何も見えず。


でも、ちょっと下って洞爺湖方面の視界が開けると
こんな景色が。

 

画像だと伝わりづらいのですが、すごい紅葉してます。

大島は紅葉がないので、山じゅうの木が赤や黄色になっているのを見ると

感動を覚えます。

 

 

洞爺湖まであと少し。

 

 

〜ザ・レイクスイート湖の栖(このすみか)〜

 

 

 

この日の宿は洞爺湖温泉街から少し離れた湖の栖。

 

 

 


カラカミ観光さんがサンパレスの隣に建てた、今年開業の新しいホテルです。

 

 

 

 


客室露天風呂や専用テラスがあるちょっとリッチな部屋です。
テラスやお風呂がインフィニティ設計と言って、洞爺湖の湖面と目線が一緒になるよう
考えられた設計なんだそうです。

大浴場のお風呂も洞爺湖と一体化したような眺めで素晴らしかったです。

 

 

 

 


洞爺湖温泉花火も部屋からばっちり見えます。

 

ビールは北海道来たらやっぱりサッポロクラシック。

 


食事はビュッフェ形式を選びましたが、軒並み満足いくお味でした。

 

スペシャルメニューの洞爺湖牛とお造り五点盛。

これはさすがにビュッフェメニューより一段上の美味しさ。

 

甘いものは別腹。スイーツも本格的なものばかりでした。

 

たらふく食べて飲んで眠りにつきましたが

夜中の三時に起きて部屋の風呂に入ったり

 

 

夜明け前の羊蹄山。

 

温泉街方面。

 

 

夜明けの洞爺湖を眺めたりして、贅沢な時間を過ごしました。

 

そして朝から食べ過ぎました。

二日目に続く。

| | 23:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE