伊豆大島発!民宿三佳ブログ

伊豆大島の様子や出来事に加え、管理人の日常やら
思ったことなどを書き綴るブログでありますよ。
<< 毎日王冠観戦。 | main | 北海道旅行二日目。 >>
北海道旅行初日

少し遅い夏休みということで、

18日から三泊四日で北海道に行ってきました。

 

毎年秋恒例となりつつあり、一昨年は富良野美瑛旭川。

昨年は帯広足寄阿寒湖の道東方面。

 

今年は函館に行ってみようということで、レンタカーで千歳から支笏湖、

洞爺湖を経て函館へ、というコースを設定。

 

予約したのが8/1だったのですが、9月に入って胆振地震が起き、

心配しましたが、なんとか大丈夫そうだということで予定通り

旅行にこぎつけました。

 

18日の羽田発9:30のJAL便で新千歳へ出発。

季節は秋ということで飛行機の窓から眼下に広がるいわし雲。

 

11時に新千歳に到着し、手配していたレンタカーを借りると

まずは空港近くのノーザンホースパークで腹ごしらえ。

K's Gardenでランチ。

ここの利用は初めてでしたが、なかなかリッチなお食事でした。

バックヤードグリルの食べ放題もそそられますが、最近年のせいか

あまり食べられなくなっているので、欲張らないようにしています。

 

食後はかつての愛馬、トライアンフマーチの面会。

皐月賞2着をはじめ、重賞2、3着は数知れず。

しかしながらタイトルに手が届かなかったお馬さん。

お父さんはダービー、天皇賞、ジャパンカップを勝ったスペシャルウィーク。

お母さんは桜花賞馬キョウエイマーチという血統です。

 

にんじんクッキーで渾身の餌やり。

これを見せるとトライアンフマーチの目の色が変わります。

周りの馬房にいる馬もこのクッキー欲しさにガンガン暴れます。

にんじんクッキー、すごい魅力のある食べ物のようです。

 

馬房から顔を出してくれました。

また会いに来るので、その日までお元気で。

 

北海道もすっかり秋らしくなっていました。

 

ノーザンホースパークではポニーのショーが人気です。

じっくり見たかったのですが、約束の時間があるのでさらっと。

 

ポニーたちが馬とは思えない芸をする、なかなかすごいショーです。

ノーザンホースパークにお越しの際はぜひご覧あれ。

 

 

さて、初日の大切なイベント。

今年出資した、来年デビューする1歳馬に会いに行きます。

 

まずノーザンファーム早来へ。

 

すぐそばに社台スタリオンステーションがあり

種牡馬が放牧されていたりします。

 

時間がないので一瞬だけ立ち寄ることに。

 

 

はいサブちゃんこと北島三郎先生がオーナーだったキタサンブラック。

このあと函館に行くのでぜひ見ておこうと思ったら、

一番見やすいとこにいてくれました。ラッキー。

 

さてサクッとキタサンブラックを見た後はうちの出資馬見学。

 

ノーザンファーム早来でまず一頭目。

ザガールインザットソングの2017。

父はHonor Code(オナーコード)

アメリカ産の女の子。栗東の藤原英昭厩舎に入ります。

キャロットクラブで募集価格2800万円。

 

おとなしくてかわいい仔でした。

かなり賢いんだと思います。

 

早来にはこの一頭しかいなかったので

次の見学地ノーザンファーム空港に移動。

 

空港の一頭目はこちら。

アナスタシアブルーの2017。

父は新種牡馬エピファネイアのオトコ馬。栗東の高野友和厩舎。

サンデーサラブレッドクラブで募集総額3200万円。

 

ちょっと小さいですが、気が強くてガッツはありそうです。

物覚えもよいとのことで、そのへんの賢さが競馬でも現れて欲しいところ。

 

さて今回最後の空港二頭目。

サンブルエミューズの2017。

父ノヴェリストのオトコ馬。母と同じく美浦の加藤征弘厩舎が預かります。

キャロットクラブで募集総額2000万円。

 

キョウエイマーチのひ孫にあたるサンブルエミューズの2017。

もうそんな時代なんですねぇ。

お値段は控えめですが、最近ノヴェリストの産駒も走り出してるし
ボリューム満点のトモ。これはもしかしたら化けるかもしれません。

 

あと一頭、ヴェラブランカの2017(父エイシンフラッシュのオトコ馬)

にも出資したのですが、こちらは骨片摘出手術があったため見学は控えました。

 

彼、彼女らは早ければ来年6月から順次デビューしていく予定です。

この牧場育成時代はひとつひとつ競走馬になるべく課題を克服していく毎日。

無事クリアして、競馬場で元気に走り回る姿が今から楽しみです。

 

牧場見学を終え、初日の宿がある支笏湖を目指します。

千歳からだいたい1時間くらいで、夕食を予定してた

支笏湖観光センターに到着しました。

 

17時近くで、すっかり日も落ちて風不死岳が夕焼けに染まっていました。

 

支笏湖はヒメマスが名物。

 

ということで

ヒメマスの握り。

 

あたしが発注したヒメマスフライのカレー。

 

相方は一番人気のポロピナイ定食。

ヒメマスの塩焼きとフライが一度に楽しめるお得なセットです。

 

川魚は骨だらけのイメージでしたが、このヒメマスは柔らかく

骨ごとイケるし、味も上品な鮭?といった感じで

なるほど名物と理解できる魚でした。

 

そうして支笏湖観光センターをあとにし、初日のお宿

丸駒温泉旅館に到着。

 

ここは支笏湖畔の眺望が楽しめる温泉と、

支笏湖と温泉がつながっている天然温泉の二つの湯が楽しめる

温泉旅館です。

 

月明かりが照らす中、支笏湖と向こうにそびえる風不死岳を

眺めながら風呂に入り、支笏湖の水位で水量が変わる天然温泉では

ちょっと深め(この日の水位115センチ)のぬるめのお湯で癒され。

 

風呂上がりのビール!

これサッポロファイブスター!

たぶんサッポロ最高峰のビール、めっちゃうまい!!

 

忘れちゃいけないサッポロクラシック!

北海道と言えばこれ!!

 

そうして北海道一日目の夜は更けてゆきました。

| | 23:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://miyoshiblog.miyoshi-izu-oshima.com/trackback/800301
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE