伊豆大島発!民宿三佳ブログ

伊豆大島の様子や出来事に加え、管理人の日常やら
思ったことなどを書き綴るブログでありますよ。
<< 大室山山焼き2018 | main |
ついに重賞勝ち。

日曜の中山で出資馬ステルヴィオが出走したので

上京してきました。

 

10月の東京サウジアラビアRCに続いて12月阪神の朝日杯FSも

現地で観戦してきたのですが、残念ながらダノンプレミアムの2着。

 

今度こその思いで土曜のジェット船にて東京上陸。

 

まずは今度こそ勝つ!の気合を入れるために

大門のとんかつ檍(あおき)へ。

 

見てくださいこのエアーズロックかミスチルのトゥモローネバーノーズの

PVに出てくる崖のような厚みのとんかつ。

 

このリブロースかつ380グラムを気合いもろとも掻き込みます。

檍で一番高くて一番ヘヴィーなこのリブロースかつ。

さすがにあたしもオジサンになってきたので、少々(いやかなり?)しんどかったですが

こんなところで負けてられません。きっちり完食しました。

 

世界の渡部ステッカー。

そういえば初めて来たときもこの席でした。

 

ここ「檍」と、もっと大門へ向かったとこにある

「のもと家」は、東京屈指のとんかつ店なので、本当にうまいです。

時間によっては行列ができてかなり待ちますが、

この日も土曜の13時過ぎでしたが30分くらい待ちました。

 

そうして食事を終えて、春日部に向かい。

春日部の愛犬いちくりと戯れ、明日の決戦に備えます。

 

 

翌日。

 

戦いの地、船橋市の中山競馬場へ。

 

愛馬ステルヴィオは11レースのフジテレビ賞スプリングステークスに出走。

G兇僚転泙任后

一か月後に行われるクラシック皐月賞へのステップレースで、

3着までに優先出走権が与えられます。

 

 

クラブに用意してもらった馬主席でステルヴィオ出資者さんたちと

昼過ぎまでレースを見て、パドックに移動。

 

 

今にして思えば、馬番8を引いた段階で勝負あったのかもしれません。

フジテレビ賞だけに。

 

 

お母さんのラルケットや兄ボルゲーゼもそうだったように

パドックでは気性がきつそうなところをのぞかせていて、

普通にしてたらイケメンなのに。

 

 

毎回こんなヤバい顔になってしまうところがあったりします。

 

 

 

 

それでも、レースに行けば非常に従順で、むしろおっとりしすぎで

ポジションが悪くなることもあり、そのあたりがダノンプレミアムに

負けた原因だったりします。

 

 

しかし、この日のレースではそこまで後方に置かれることもなく、

最後の直線で2着エポカドーロをかわすのに手こずったものの

きっちり鼻差差し切って優勝。

 

初めての重賞口取り(記念撮影)させてもらいました。

2000年から始めた一口馬主、ようやくGのつくレースの

ウィナーズサークルにたどり着きました。

 

 

レース後、恒例となってるステルヴィオ出資者の会で祝勝会。

勝利の美酒に酔いしれました。

 

ステルヴィオの出資者にはお母さんラルケットからのお付き合いの方も数名いらっしゃって。

 

ラルケットが届かなかった重賞制覇をその仔ステルヴィオで果たすという、

なんというか一つの悲願でもありましたから、本当に嬉しい一日となりました。

 

このあと一か月後、牡馬クラシック一冠目のG技月賞が待っています。

ステルヴィオにはまずは怪我なく無事に、皐月賞当日を迎えてほしいです。

| 一口馬主 | 23:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://miyoshiblog.miyoshi-izu-oshima.com/trackback/800295
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE