伊豆大島発!民宿三佳ブログ

伊豆大島の様子や出来事に加え、管理人の日常やら
思ったことなどを書き綴るブログでありますよ。
<< 釣り情報再開しました。 | main | ぶらっとハウスのアイス。 >>
大室山山焼き2014。

今年もやってまいりました伊豆半島は大室山の山焼き。

歴史的な大雪などの影響により、リフト登山方式(徒歩禁止)の
大室山はガチスキー場のように姿を変えた時期もあったりしたようで
例年二月の第二日曜に開催されるこの山焼き、ようやく
一カ月の時を経て実施と相成りました。

スケジュールとしては9:30にお鉢(火口内)焼き、
そして本焼きは12:00スタートということで

焼かれる前の大室山の姿を9時半前に赤禿より撮影。
山肌はまだ赤い、いつもの大室山です。

ちなみに、このブログで何度も書いてますが
大室山は萱で覆われていて、近くから観るとこんなに赤くは
見えないのがなんとも不思議です。

いったん撤収し、お昼12時前にケイカイ(近所の海岸)に移動。


真ん中のプリン型の赤い山が大室山。

極力海の方の岩場まで移動し、その時を待ちますと・・・


海鳥の向こうの大室山から煙が上がっています。


山焼きのスタートです。
北側(山の右手側)下手から炎と煙が上がっているのが確認できます。



下手から山頂に向かって炎と煙が上がって行くのが見えます。


この頃火加減MAXでしょうか、キノコ雲のような煙が
もくもくと上がって行くのが見えます。


引きの画像でも分かる通りのスケールです。
人工的な野焼きの煙が、周りの雲とそん色ない大きさです。



そうして観察すること20分ほどで、山焼きが南端に到達。
海鳥とタンカーは知らん顔してますが、こんなワイルドなイベントが
行われていることに気づいていないのでしょうか。



そんなこんなで、12時半前に山焼きが完了したのでした。

年一で、伊豆半島が見えなければアウトという
なかなか目視条件の厳しいイベントなので、大島から見られた方は
ラッキーです。

赤い大室山でなくなったのは少々さびしくはありますが
これでようやく春本番を迎えられるでしょうか。

・・・次は、花粉との戦いかな。

| 伊豆大島一般 | 23:29 | comments(2) | trackbacks(0) |
コメント
>サンちゃんさま
カメラだと望遠で結構見えますが、さすがにお向かいの伊豆半島。
肉眼で見るには遠すぎるので、双眼鏡なんかで見るといいです。
伊豆高原まで行ければ一番いいんですけどね(笑)
| 民宿三佳ホムペ管理人 | 2014/03/11 9:33 PM |
想像してワクワクしました&#8252;
| ノーベル賞コウホケンメイゴンサンー | 2014/03/10 5:30 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://miyoshiblog.miyoshi-izu-oshima.com/trackback/800176
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE