伊豆大島発!民宿三佳ブログ

伊豆大島の様子や出来事に加え、管理人の日常やら
思ったことなどを書き綴るブログでありますよ。
<< 三冠物語最終章。 〜淀から清水へ〜 | main | 三冠物語最終章。 〜旅の始まり〜 >>
三冠物語最終章。 〜京都観光〜

京都駅に到着すると、荷物をホテルに運んでくれるサービスへ
預けたのち、まずは嵐山を目指すことに。

京都〜烏丸御池〜太秦天神川、嵐山天神川〜嵐山というふうに
京都市営地下鉄〜嵐電(京福電車)を乗り継いで、10時には
嵐山に到着。



嵐山駅は観光名所の駅だけあって、雅(みやび)な感じでした。
足湯なんかもあり、足湯キチな相方は浸かりたそうにしておりましたが
ちょっと時間がないので我慢してもらい。



お土産やさん街を抜けて徒歩数分、
渡月橋に着きました。



ちなみに「嵐山」というのは。


嵐山は、日本有数の観光地であるが、渡月橋(とげつきょう)を渡ったところに
そびえる峰を指し、愛宕山から吹き下ろす通称愛宕おろしに、峰々の桜や楓が
散らされるところから、嵐山と呼ばれるようになった。


ということらしいです。
が、この日は穏やかな天候で、嵐を起こす山には見えませんでしたねぇ。

それはともかく渡月橋と嵐山。



さすがに京都、というか日本屈指の景勝地だけあって
観光客も大勢います。



橋の欄干の部分は景勝地らしく木製になっています。



橋を渡りきったところの公園でひと休み。



山はところどころ赤くなっていましたが、まだ紅葉には
一ヶ月ほど早いようです。



もっとのんびりしたいところでしたが、11時には出発しないと
次の金閣寺が・・・ということで、早々に嵐山を後にします。



また嵐電に揺られ、帷子ノ辻で方向転換。



北野白梅町へ。

北野白梅町から金閣寺最寄のバス停まで5分。
京都市営バスの利用でこの旅初めての乗り物3発目。

下調べの段階ではバス路線とか、かなり複雑な印象で、行先が
間違ってたり、逆方向行きに乗ったりするとエライことになるので
緊張しまくりでしたが、この京都では最後まで大きな乗りミスも
なかったのでとりあえずは良かったです。




金閣寺道からちょっと歩いて、金閣寺の入り口。

中学以来の金閣寺です。



さすがに趣のある参道。
京都に来た感倍増ですよ。



ここの紅葉は赤くなってるものも見受けられ、秋を感じさせる
ひとときでした。



こちらも京都屈指の観光名所。
週末ということもあってか、猛烈な人出。
金閣寺をバックに記念撮影のひとだかりで、それを捌くのに一苦労。



陸舟の松など見物し、庭園内をひとまわり。




う〜ん、どこもかしこも手入れが行き届き、美しかったです。

嵐山から思っていましたが、緑が多いのは地元の大島と一緒であるのでは
ありますが、植生の違いか、はたまた手入れのせいなのか。

植物の一つ一つが高貴な感じがしました。
・・・ってさすがにそれは気のせい??



そうして小一時間で金閣寺を巡り終え、時間があったので
西大路通り沿いで相方がお土産を物色。

あぶらとり紙で有名な「よーじや」です。

そのなかに椿油があったのですが、表示を見ると「伊豆利島産」と書いてあり
こんな遠くまで来て、身近な名前(お隣の島名)を見かけることにちょっと不思議な
感覚を覚えた瞬間でした。

買い物を済ませたら、次なる目的地へ移動です。
バスに乗り、北大路駅を目指します。

一瞬、乗り場を間違えそうになりましたが、そこは上手くリカバー。
地下鉄北大路駅から向かった、その場所は・・・

| 一口馬主 | 22:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE