伊豆大島発!民宿三佳ブログ

伊豆大島の様子や出来事に加え、管理人の日常やら
思ったことなどを書き綴るブログでありますよ。
<< 北海道でセレブ体験。 〜プロローグ〜 | main | 北海道でセレブ体験。 〜二日目は雨〜 >>
北海道でセレブ体験。 〜ツアー最終章〜
ノーザンホースパークでの昼食を終え、バスに戻り
ノーザンファーム早来で休養中の馬たちの展示を見に行きます。

僕らのお目当てのラルケットはステージBでの展示ということで、
はやる気持ちを抑えつつまずはステージAへ。

ここには今年の皐月賞上位馬が。

自慢になりますが今年の皐月賞では僕の出資馬
トライアンフマーチが2着に健闘。

その観戦記はコチラにございますのでよろしかったら
ご一読下さいませ。

で、話は戻りますがここにはアンライバルド(皐月賞馬)と
シェーンヴァルト(皐月賞4着)というトライアンフマーチにとって
戦友(とも)?強敵(とも)?が居たりしました。


・・・しかし、僕は次のラルケットに備えてトイレタイム。
なので相方はひとりアンライバルドの展示を見に行ってました。

急いでトイレを済ませて僕もアンライのところへ。
相方が記念撮影を希望したので、とりあえずパチリ。
やはりあなたは稼ぐ馬が好きなんですね・・・。


程なく移動の時間となり、ノーザン早来のステージBへ。

愛馬ラルケットは怪我でお休みのため、デビュー以来
はじめて北海道に帰ってきていたのでした。

4月末のレースで右トモを捻ったということで、その治療と
リフレッシュをかねてノーザン早来に来たのです。

厩舎内の展示ということで、ちょっと離れた場所に車で移動。
車を降りると、厩舎内に黒光りした、スラッとした馬発見。

これがラルケットですよ。


父ファルブラヴ 母アズサユミ 牝4歳 美浦・和田正道厩舎所属

簡単に戦績を紹介しますと・・・
2歳時に新馬・特別を連勝し阪神JFへ駒を進めるも10着。
3歳時はG轡イーンC3着。牝馬クラシック戦線への出走は
叶いませんでしたが、1000万下でも牡馬相手に上位争いを
演じたりました。



昨年山元トレセンへ見学に行った時にも思いましたが、
競馬場でアレだけチャカチャカする馬が、牧場では本当に
おとなしいのです。

ここもドス子(イザベルドスメーン)同様、自分の馬ということで
しっかりふれあいさせていただきました。


全然落ち着いていて、ドス子のときより怖くないです。


担当の方にお話を聞くと・・・

・まずは故障箇所の回復に専念してます。
・レースに行った時に気持ちに余裕を持たせた走りを覚えさせたい。
・こちらも期待してる馬で、二つなんかじゃ終わらせられない。

というような内容でした。

とにかく故障箇所、そして気性の問題をクリアさせたいので
いついつまでとか期限を区切らないでじっくりやっていこうと思う、
ということも言っておられましたね。

実際いま9月ですが、調整の過程を書くと騎乗運動が7月、軽い
キャンター調整が8月なかば、8月末になってようやく軽くですが
坂路入りと、本当にじっくり進められています。

早く競馬場で姿を・・・という気持ちもありますけど、ここは
万全の状態でトレセンに戻してもらって、良かった頃の
ラルケットの走りをもう一度見たいと思いますね〜。


相方も「手触りは相変わらず高額馬のそれ」と高評価。
山元で会ったときから、手触り抜群と思っているようです。
今回多数の高額馬をタッチしてきたけど、ヒケはとらないとのこと。

ま、相方のジャッジはともかく、すごくかわいい馬なので
皆様応援よろしくお願いいたします。


ドス子の時も思いましたが、愛馬との時間はあっという間に
過ぎ去るもので、かわいいラルケットに後ろ髪を惹かれる想いで
ノーザンファーム早来を後にし、次は社台スタリオンステーション
での種牡馬展示です。


社台スタリオンステーション到着。

ここは日本競馬界の頂点に位置する種牡馬たちが
繋養されているという、ものすごいところです。

全てのG鞠呂ここから誕生するといっても過言ではありません。

入り口には、新種牡馬ダイワメジャーの看板が。


初年度産駒が生まれましたとのお知らせです。
今年のウインドインハーヘア仔は父ダイワメジャーです。
つまりディープインパクトの異父兄弟になります。



場内には、先代の総帥、吉田善哉氏の像が。
そういえば山元にもありましたね。


・・・それでは全部というわけにはいきませんが
めくるめく豪華種牡馬展示をご覧下さい。


トップバッターはアグネスタキオン。


2009種付料1000万円。デビューから皐月賞まで無敗で引退。
アグネスタキオンはこのあと6/22に急逝してしまいます。
元気に展示されてただけに、そのニュースは本当に驚きました。


お次はディープインパクト。


2009種付料1000万円。説明不要のスーパーホース。
その強さは社会現象にすらなったほど。
産駒のデビューは2010年になります。


そのディープを国内で唯一土をつけた馬、ハーツクライ。


2009種付料350万円。有馬記念にドバイシーマクラシック勝ち。
産駒の評判も良く、初年度からの活躍が期待されます。
ディープと同じく子供たちは2010年のデビュー。


サンデーサイレンス一期生、フジキセキ。


2009種付料350万円。朝日杯勝ちの、いわゆる幻の三冠馬。
ウチではニードルポイント(現在準OP)が彼の産駒。
芝ダート問わず、おまけに距離適性も多彩な産駒を排出します。


漆黒の皇帝、シンボリクリスエス。


2009種付料400万円。天皇賞秋・有馬記念を連覇。
ウチでは今年デビュー予定のフェイルノートが彼の産駒。
とにかく見栄えのする馬体の産駒が多いです。


皐月・ダービー二冠馬、ネオユニヴァース。


2009種付料400万円。ミルコ・デムーロを背に二冠制覇。
ウチでは今年デビュー予定のインペリアルマーチが彼の産駒。
初年度からアンライバルドを出し、ポテンシャルの高さを証明。


世界を股にかけた馬、ファルブラヴ。


2009種付料200万円。世界各国のG気鮠,辰討い覬鸚マニア。
ウチではラルケット(現在500万下)が彼の産駒。
世界中のターフを駆け抜けたその力でラルケットを後押しして欲しい。


白井最強!スペシャルウィーク。


2009種付料400万円。武豊に初めてダービージョッキーの称号を贈った馬。
ウチでは今年デビュー予定のイザベルドスメーンが彼の産駒。
シーザリオやブエナビスタと、牝馬に大物を出すタイプか。


友情の一球(ウイニングショット)、ダイワメジャー。


2009種付料500万円。G5勝の名中距離馬。
相方の仕事と馬名が被ったせいか、気に入ったらしい。
今年産駒が誕生、デビューは2011年。


とまぁ、都合により中盤かなりはしょりましたケド、出てくる馬が
これでもかというくらい名馬だらけで目がクラクラします。

もうおなかいっぱいに名馬を見て、最後の見学地
ノーザンファーム空港へ。
ここには2歳以上の休養中及びデビュー前の現役馬が。

ここでは知り合いの出資馬が数頭居たので、
せっかくなんでそれらを見て回ることに。



ダークメッセージ(父ダンスインザダーク 母エヴリウィスパー)
こちらはラルケットでご一緒のSORRYさんがお持ちの馬。
G兇筍猫靴2〜3着に来るなど、重賞制覇が近い馬です。



ハイアライト(父ゼンノロブロイ 母レアパール)
この馬は先にも名前の出たsoneさんの馬。
タニノギムレットを破ったレアパールの仔。



ディミータ(父ダンスインザダーク 母レッドキャット)
地方馬主でもあるまさやさんの出資馬。
実は僕も出資候補にしてた馬で、期待してます。



チェンジオブシーン(父ダンスインザダーク 母ステージヴァージン)
こちらは一口仲間のぶんちゃんさんが母に出資してました。
サンデーRで募集がかかるあたり期待できそうです。




と、急ぎ足で空港の馬も見学し、
とうとう牧場見学の全行程が終了・・・。




さすがに牧場をあとにする時は寂しさがこみ上げました。


最後にノーザンホースパークでお土産を受け取り、
ずらっと並んだスタッフにお見送りを受けて新千歳空港へ。

時間ギリギリまで「白い恋人」とか、北海道土産を買い漁ります。
途中、すだち氏夫妻から「じゃがポックルGET」の報を受け
相方も大喜び。

そうして17時30分発のANA72便にて羽田へ・・・


とにかく馬を見て、触れて、美味いものを食べて、
社長と喋って・・・


という、例年以上に濃い
社台の北海道牧場見学ツアーだったような気がしました。


競馬が良く分からない相方を、こんな馬を見るだけの
旅行に連れて行って大丈夫だろうか?と心配もしましたが、
一応本人から「楽しかった!来年も行きたい!!」の
言葉を頂戴できたので、これはこれで良い旅だったかな〜、と。


社台の関係者の皆様、牧場の皆様、そしてすだち氏夫妻、
今年も大変お世話になりました。




また来年も、面白い旅になりますように・・・。
| 一口馬主 | 23:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE