伊豆大島発!民宿三佳ブログ

伊豆大島の様子や出来事に加え、管理人の日常やら
思ったことなどを書き綴るブログでありますよ。
<< 丸干し。 | main | プレゼント。 >>
今年も有馬。
昨年の今頃、こんなブログを書いておりましたね。


2005年12月25日
「有馬記念。」



あれから・・・
あの地獄のような有馬記念(前述のブログ記事参照)から
一年が経ちました。

そして今年も懲りずに有馬記念のため
白井は上京してきました。


今年は12月24日。
すなわちクリスマスイブに行われたのです。


今年の有馬はディープインパクト引退興行。
ディープの関係者、そしてJRA的にも負けられない一戦が
そこにはありました。

そして、昨年の屈辱にまみれた有馬デーに対して
リベンジを誓う白井も中山競馬場に向かったのでした。


この日まず一つ目のリベンジ。
その目標は、有馬記念の馬券的中。

あれだけ強いディープがここまで国内で1着を逃したのは
昨年の有馬記念ただ1レースのみ。

仲間内では
「今年も白井さんがいるからディープは負けるんじゃないか」
などと散々な言われ様。

ああ、確かに去年のディープ、そして今年のダービーでも
フサイチジャンクを豪快にカッ飛ばしましたよ俺様の力で・・・

とは思いつつも、ここは・・・
無事終わらせたい引退レースとはいえ、国内でのレースじゃ
ディープが負けるわけがない。

ということで、勝負馬券はディープ1着固定の三連単。

相手は馬の名前を見ても目移りするだけなので、
鞍上(騎手)の腕達者順に買いました。

そして迎えた3時25分。
11万観衆の大歓声の中、有馬記念ゲートが開きました。


大方の予想通りアドマイヤメインが速めのペースで先導する展開。
いつもどおり後方に待機するディープ。

一週目スタンド→1コーナー→2コーナーと淡々と進んでいたレースが
3コーナー→4コーナーで一気に動きだします。


内内で早めスパートのダイワメジャーが発進すれば、
外を物凄い勢いで捲くって行くディープインパクト。

去年4角でもたついたディープの姿は、
そこにはありませんでした。

僕は個人的にディープを巷ほど評価してはいないのですが、
この4角の馬なりで追い上げる脚の凄みには、敬意を表します。

そして、その脚を繰り出せたから、この時点で
ディープの勝利は決定的でした。

直線入り口では先団を捉え、先頭に立ってからは軽く流すように
ゴール板を駆け抜けたディープ。


そのゴールは彼の競走馬生活の終点でもありました・・・。


国内ではほぼ完全無欠の戦跡で、史上最強馬の呼び声高い
ディープインパクト。

確かにそうかもしれない。

しかし、ディープにはライバルと呼べる馬がいなかった。
すなわち国内で負ける事はまず無いわけで、
なればこそ海外で、より高いステージで・・・と
白井は思ったわけです。

事実、凱旋門賞ではああいう結果だったわけで、僕はそれなら
国内で勝負付けの済んだ連中と戦い続けるのではなく、
外に敵を求めたエルコンドルパサーのほうに魅力を感じたりもするのです。
(ディープは内国産、エルコンは外国産という差もあったりしますけどね・・・)

だから、ディープにはもう一年現役を続けて、
海外で戦って欲しかったです。


まぁ、なにはともあれ、残念ですけどディープはコレで引退。
最終レース終了後は引退式が行われ、
大観衆が中山に居残ってディープの旅立ちを見送りました。


真ん中左が引退式でのディープ。


そして、白井のリベンジは・・・

100円当てました。


いや〜、良かったです。
ポップロックなんて、当初考えてもいませんでしたが
騎手で買ってよかったです。
ペリエ神に感謝感謝。

払戻金は帰りに「世界の山ちゃん」で
キレイさっぱり使いました(笑


そしてもうひとつのリベンジ。

あのカップル地獄のお台場へ向かうゆりかもめ。
一年前はレインボーブリッジから身を投げかけた白井でしたが、
今年は違いました。

この時期の中山名物クリスマスツリーで、
こんな写真が取れる身分に成長しました。



ちなみに有馬記念の馬券のことで
「なんでポップロック買えって言ってくれなかったの(怒」
「自分だけ当たってずるい」
と罵倒されてしまいましたよ・・・。

ゴメンナサイ。
ポップロックなんて正直来ると思わなかったんです。

それでも彼女のたっての希望で実現した
ディープインパクト引退記念観戦デートだったので、
ディープが快勝して満足してくれてたみたいでした。

念のため断っておきますが、今回は乗馬をたしなむ彼女が
「武豊とディープのコンビを観に行きたい」というので有馬に行ったわけで、
僕が強要して有馬に連れて行ったわけではないです。
僕のことを知ってる人はそう思いそうなので、
そうじゃないんだよということをお知りおきください。


と、いうことで。



今年の有馬は昨年のリベンジをしっかりと果たし、
中山を後にしたのでした。


そして来年。
また白井は有馬へ行くのでしょうかね・・・?
| 競馬一般 | 23:55 | comments(5) | trackbacks(0) |
コメント
オレはディープが強いのは認めてたけど
今の角界と同じように朝青龍は強いけど
まわりが弱いから横綱の強さがより際立って見える。
それと似たようなもんだと思ってた。

スタート直後では「中山でそんなに下がって良いのか?」と
思ったが最終コーナーからの追い上げ方は凄かったね〜
完璧に他馬をねじ伏せた感じだったね・・
| YNS | 2006/12/26 11:36 PM |
>犬飼いさま
今年はいろんな意味でリベンジ大成功のクリスマスでした。
来年はもっとハッピーなクリスマスにしたいです。
・・・いや、これ以上ハッピーって一体?
ディープフィーバーはひとまず終わりです。
来年は彼の弟がクラシックに挑み、再来年の春には
彼の仔が生まれます。
そうして競馬という名の「血のドラマ」は続いてゆくのです。

>英二さん
去年の有馬とか毒吐いてますが(笑
ウチの近くの磯とか、釣り場まで比較的楽に入れますから
運動靴履いてれば彼女でも多分大丈夫ですよ?
港で何が釣れるかは親父に確認してみます。

>YNSさん
ここんところちょっと忙しく、なかなかチェック
できませんでした・・・。
ポップロック◎はYNSさんらしいと思いました。
お見事でした。
| 民宿三佳ホムペ管理人 | 2006/12/26 10:25 PM |
ポップロック・・
オレのブログでは◎を付けたのだが
しっかりチェックしとかんかい!

まったく彼女をムリヤリ中山まで連れて行きおって
まさに某国の工作員みたいハムニダ〜!
| YNS | 2006/12/26 12:30 PM |
おいおい、ぜんぜん毒がねーじゃねーか!
736にいたときと同じ人か?
しかも彼女まで作りおって…
まあ、風のうわさでは聞いていたがな。

冬のO島は磯でメジナですか。
それもいいな!
でも、行くとしたら彼女を連れて行くと
思うので、港での釣りだな。
で、何が釣れるの?

| tuno181 | 2006/12/26 10:59 AM |
うわおぉ〜〜〜ん!!

白井さま、ステキなイブを過ごされたんですね!!
よかったです。

ディープの走りはテレビで見ていました。
あそこに白井さまがいってらしたとは・・・

これからまた楽しいご報告をお待ちしております!
| 犬飼い | 2006/12/26 6:05 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://miyoshiblog.miyoshi-izu-oshima.com/trackback/496002
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE