伊豆大島発!民宿三佳ブログ

伊豆大島の様子や出来事に加え、管理人の日常やら
思ったことなどを書き綴るブログでありますよ。
デビュー間近。

出資馬の近々の出走予定が下記の通りになっています。

 

2歳馬

グランパラディーゾ 牝(父ルーラーシップ)

10/3中山芝1600 騎手未定

 

ヴィジュネル 牡(父マクフィ)

10/10京都芝1600 騎手未定

 

バーデンヴァイラー 牡(父ドゥラメンテ)

10/11京都芝1800 北村友一

 

古馬

マルシュロレーヌ

10/8大井 レディスプレリュード 騎手未定

 

ヴェスターヴァルト

10/11東京芝1400 騎手未定

 

ステルヴィオ

10/31京都芝1400 スワンS 騎手未定

 

モレッキ

10月の東京か新潟 天栄に短期放牧

 

ここにきて2歳馬がデビューラッシュになりそうです。

ただ、最近芝の新馬は除外も多いので予定通り

無事出られるかどうか怪しいです。

特にグランパラディーゾは一番除外馬が出やすい中山。

もう来週なのでどうなることやら。

 

それとは逆にマルシュロレーヌがレディスプレリュードの

出走枠に滑り込みました。これは大きいです。

ここで勝ち負けできれば賞金も積めるし先々展望が大きく

開けますし、なんといってもこの一族まだ重賞タイトルがありません。

前走見せた脚が本物ならばチャンスあるはず。

 

初めての大井、ナイターと不安要素も少なくはないですが

勝ってくれれば、キョウエイマーチの繁殖として初めての

勲章となるだけに、なんとか頑張って欲しいです。

| 一口馬主 | 23:32 | comments(0) | - |
モレッキ大敗。

本日中山の9R、鋸山特別に出資馬モレッキが出走したのですが。

見せ場なく大敗してしまいました。

 

逃げられなかったとか右回りとか中山の砂質とか凡走の要因は

いろいろありますが、負け過ぎなので美浦で馬体を調べるみたい。

肺出血があったりした馬なので、ちょっと心配ではあります。

しかしこの春から調教でもあれだけ動ける馬になったので、

現役を続けさえすれば、またいい走りを見せてくれることも

あるはず。

 

ひとまずモレッキの無事を祈りたいと思います。

 

| 一口馬主 | 23:14 | comments(0) | - |
出資馬近況。

まずは先週の振り返りから。

2歳馬のエターナルピースが土曜中京5Rでデビュー。

 

ソロっとしたスタートから後方待機。

4角手前で外からじわっと押し上げていく競馬。

この画像だと大外青メンコ橙帽がエターナルピース。

 

勝ち馬が強くて離されましたが、最後まで懸命に走りました。

 

2着馬まではそう遠くない4着。

 

勝った馬の時計は2歳コースレコードタイだそうです。

 

さすがにこの状況で勝ち負けは難しかったでしょうか。

しかし、最後までしっかり伸びて上がりは2位のタイム。

このあとドッと疲れが出てしまったので休養させるみたいですが

勝ち上がる能力はありそうなので、今後の成長に期待。

 

また、明日の日曜中山9R鋸山特別にモレッキが出走。

ダート路線で軌道に乗った感があるので、能力を出しきる競馬を

してくれればまた上位争いできるかなと。

1枠1番なのでスタートがカギでしょうか。

 

 

そしてそして、本日キャロットクラブ一歳馬募集の

結果が発表になりました。

 

あたしの出資馬は

ハープスターの19 父ロードカナロア 牡 美浦・木村哲也

デックドアウトの19 父ディープインパクト 牡 美浦・萩原清

の二頭で確定しました。

 

本当はあと二頭ほど申し込んだのですが抽選ではずれ。

特にサンブルエミューズは母馬優先だったのですがこの血統で

初めて取れませんでした。

キョウエイマーチからヴィートマルシェ、そしてサンブルエミューズの代

3頭目でこの血統の連続出資が途絶えてしまいました。

母馬優先に最優先をかぶせれば確実に取れましたが、今年は

バツ2だったので最優先はそれを行使しないと絶対取れない馬に行きたかった。

結果、サンブルエミューズは母馬優先内での抽選に敗れました。

残念ですが、心の中で応援したいと思います。

 

キャロットも母馬優先に最優先をかけないと、いや、かけても

取れない馬が出てくるようになりました。

OUR BLOODを標榜するキャロットクラブであるなら

ここは母馬優先をもうちょっと行き渡るよう強化する方向で

検討して欲しいところですし、次回アンケートにはそのあたりを

強く要望しようと思っています。

| 一口馬主 | 23:58 | comments(2) | - |
出資馬近況。

少し前までは19時でも明るかったのに。

いよいよ日が暮れるのも早くなってきました。

18時過ぎでこの暗さ。

 

伊豆半島の灯りが目立ち始めています。

 

さて、今週末は遂に2歳馬がデビューします。

近年最多の5頭のラインナップのなかからトップバッターは

父ディープブリランテの牝馬、エターナルピースです。

 

母はキャロットクラブ出身のピースエンブレム。

育成は早来の岡厩舎。アーモンドアイやラルケットがこの厩舎出身です。

 

土曜中京5Rの芝1400M戦でデビュー。

鞍上は柴山騎手が務めます。

 

POG本などの前評判はそれほどではないですが、

牧場スタッフさんに乗り味の良さを評価されていたりするので

ひょっとしたら意外と大物だったりするかもしれません。

 

調教師や牧場からは繊細で幼い、でもいいものは持っている

とのことなので、実戦でどんな競馬を見せてくれるのか

楽しみにしたいと思います。

 

ほかに今週分かったうちの出資馬の次走予定としては

・ステルヴィオが10/31の京都スワンSを予定。

・サートゥルナーリアは宝塚記念後の回復が遅れておそらく

 予定していた天皇賞秋は回避。

・マルシュロレーヌは10/8大井のレディスプレリュードへ。

・ヴェスターヴァルトは10/11の東京自己条件芝1400で戦線復帰。

 

今週デビューのエターナルピースに続いて欲しい2歳馬はというと、

ラルケットの仔でステルヴィオの半妹グランパラディーゾが

10/3のデビュー戦へ向け本格的な追い切りを開始。

まだ時間があるのでじっくり仕上げるつもりと木村師。

 

蹄葉炎が心配されたサンブルエミューズの仔ヴァルドレスは

もうすぐ投薬を止められそうなところまで来ているとのことで、

あと一息、回復まで頑張ってもらいたい。

 

また、期待のドゥラメンテ産駒バーデンヴァイラーが入厩後

初めての本格的な追い切りでいきなり51秒8という好時計を

栗東坂路でマークし出資者界隈を沸かせています。

 

外厩で調整中のヴィジュネルも順調に

乗り込みを消化しているとのことで心配なし。

うちでは珍しい追分育成の仔で、放牧先もしがらきではなく

吉澤ステーブルWESTにお世話になっています。

 

こうしてカタログや動画で選んだ馬の能力が徐々に明らかに

なってゆく様は一口馬主の醍醐味でもありますね。

まずは無事に全馬がデビュー戦を迎えられることを祈っています。

| 一口馬主 | 23:58 | comments(0) | - |
1次募集締切。

日中、大島はいいお天気でした。

 

しかし伊豆半島の上に。

 

ラピュタを隠しているような雲がグワーッと。

そして夜は雷と雨がすごかったです。

 

そんな日の午後5時にキャロットクラブの

一次募集が締め切られました。

 

あたしが一口の世界に足を踏み入れた最初のクラブ。

入会当時は謎のマル外や渋い種牡馬の産駒をラインナップしている

不思議なクラブでした。

それが今や毎年G1勝ち馬を輩出するクラブになるなんて。

かれこれ20年前のお話です。

 

 

馬の選び方もあのころとはだいぶ変わりました。

 

母馬優先のサンブルエミューズ含めて4頭に申し込み。

果たして何頭獲れるのでしょうか。

 

9/18の結果発表を待ちたいと思います。

| 一口馬主 | 23:43 | comments(0) | - |
マルシュロレーヌ!

今日の小倉10Rに出走したマルシュロレーヌ。

戦前は不安でしたが結論から言うとめちゃ強かったです。

 

出遅れはしなかったものの道中はずっとイン追走。

終始中団でやる気をなくすんじゃないかと心配しましたが。

 

4角外に持ち出すときには先行馬とこの差。

 

残りあと1ハロンでエンジンかかりますがそれでもこの差。

ちょっと届かないかなぁと思いましたが。

 

それがゴール板手前で楽々差し切っちゃうという凄い脚。

良馬場で上がり3ハロン35秒0、ラスト1ハロン推定11秒0という

芝コースみたいな末脚。

 

 

 

ダビスタの強い馬が後ろからギューンとやってきて

勝っちゃうレースみたいであたしも正直大興奮しました。

 

ダートの交流重賞戦線殴り込みが見えた一戦でした。

今後が非常に楽しみです。

| 一口馬主 | 19:48 | comments(0) | - |
出資馬近況。

今週は土曜小倉の10Rにマルシュロレーヌが出走。

初ダートで内枠奇数番。

出遅れたら砂を被って終わりそうな予感がビンビンしますが

陣営はダートにずいぶん自信を持っている様子。

ネガティブな思考をかっ飛ばしてくれるような走りを

期待したいと思います。

 

そして新潟でデビュー予定だったエターナルピースは除外。

17頭も除外馬が出たらもう1レース組めちゃう。

昔、分割競走とかあったのが懐かしいですね。

全然競馬の知識がない初心者のころ、分割Aとか分割Bとか

ラジオで行ってるのを聴いた記憶があります。

話はそれましたが、来週中京で牝馬限定の芝レースが

あるので順調ならそちらに向かうのでしょうか。

予定してた福永がスライドで乗ってくれるとありがたいのですが。

 

ほかにはグランパラディーゾが10/3のデビュー戦に向けて入厩。

バーデンヴァイラーは入厩一週間でゲート試験に合格。

2歳馬もここにきて稼働してくれる目途がたってきました。

来春のクラシックへ向けて、楽しみになる競馬を、

夢を見させて欲しいところです。

| 一口馬主 | 23:21 | comments(4) | - |
出資馬近況。

ちょっと遅くなりましたが

先週土曜の新潟にて出資馬モレッキが出走。

 

 

 

逃げ粘ってなんとか2着確保。

 

馬自身は追い切りの動きから好調というか本格化したかな?

という感覚もありましたが、正直2回除外で調整がどうかなとか

前走勝ち時計も平凡で相手に恵まれた感も少なくなかったとか

そもそも個人的にダートは向かないのでは?と思ってた馬なので

不安のほうが大きかったのですが、このクラスでもやってけそうな

内容でした。

砂をかぶったり馬群で我慢させたりとかしたらあっさり負けそうな

気はしますが、そういう競馬にならなければチャンスはありそうです。

 

同期のキャロ馬パリンジェネシスとヴァントシルムは引退して

しまいましたが、6歳セン馬モレッキまだまだ頑張って欲しいです。

次走は中山に舞台を移しての出走を予定しております。

 

その他出資馬の今後の出走予定ですが、来週の土曜新潟で新馬の

エターナルピースがデビュー戦を、日曜新潟で3勝クラスの

マルシュロレーヌが初ダートの古町Sにスタンバイ。

ステルヴィオの半妹グランパラディーゾも10/3の中山デビュー予定。

またドゥラメンテ産駒バーデンヴァイラーが栗東初入厩、デビューまで

行くかどうか分かりませんが期待の大きい馬だけにトレセンでどこまで

動くのか注目です。

 

いろいろ散々な8月でしたが、月が替わって流れも変わってもらいたいところです。

| 一口馬主 | 23:48 | comments(2) | - |
真夏の悪夢。

来週のキーンランドCに向けて先週美浦から札幌競馬場に

移動したステルヴィオでしたが、輸送による熱発で同レースを

回避するとクラブ公式から発表がありました。

 

まじかよ安田記念も使わないでここまで待っといて

何してくれてんねん!

おまけに2年ぶりのルメール騎乗予定を

フイにしてくれやがって!

 

というブチギレ案件ですよ。

 

まぁ流れが良くないときはしんどいことが重なるもので

2歳のヴァルドレスが初入厩して喜んでたらいきなり蹄葉炎に

なりかけて投薬生活に突入、とか。

 

サートゥルナーリアは右トモの蹄を気にするそぶりを

見せているとかで乗り出しすらできていない状態。

これ秋全休もあるんじゃないかと嫌な予感がします。

 

これに過日膝骨折で引退したヴァントシルムと、

鼻出血で休養に入ったカーフライタークなどなど。

地獄のような8月となっております。

 

 

そんななかでようやくうちの最高齢6歳馬モレッキが

二度の除外を経て土曜新潟の9R瀬波温泉特別に出走できそうです。

臨戦過程はグダグダですが、追い切りの時計を見る限り状態は

よさそう、というか充実期に入ったように見えるので、あとは

クラスが上がって能力が通用するのかどうかということになりそう。

いや、こんだけ散々な目にあっているので通用させてください。

神様お願いします。

 

それと2歳で最初にデビューしそうなエターナルピース。

こちらは9/4の新潟芝1400を目指しているようで、これも

なんとか無事にレースまでこぎつけて欲しいです。

 

まぁ一口馬主は浮き沈みの激しい世界ですし、順調にいかないのは

ある程度仕方が無いので、あとはこちらがタフな精神力をもって

我慢して乗り切るしかないです。

 

いつかまた栄光の瞬間を迎えられるその日まで。

| 一口馬主 | 20:25 | comments(2) | - |
出資馬動向。

忙しくさせていただいてるおかげで

大島的な話題はありません。

 

そんな時は馬の話です。

 

今月は除外出走回避が相次ぎましたが

ようやく出走にこぎつけた馬が。

 

日曜小倉10R 博多ステークス マルシュロレーヌ 武豊

自己条件に戻り鞍上武豊がどう乗るのか興味深いです。

休み明けのフレッシュな状態で実力発揮を期待します。

 

モレッキは2勝クラスの新潟ダート1800特別を前回、

そして今回と二回連続除外。登録50頭超えるとかどんだけ。

毎回出走する気満々みたいですが調子の維持とか

どうなんですかね、ダビスタなら確実に下降するやつですが。

一応同条件の新潟の特別戦を目指すみたいです。

 

そしてうち的に大きかったのがヴァントシルムの引退。

コツコツ頑張ってオープンまで上がってきてくれて、夢を

見させてもらいましたが、昇級しての昨年夏の札幌2走あたりから

輝きは見られなくなってしまいましたね。

足もとが丈夫とは言えない馬だったので、このあたりが

限界だったでしょうか。

先に引退した同期のレイクヴィラF産のパリンジェネシスと

似たような蹄跡を歩んだ2頭、彼らの第二の馬生に幸あれと

祈っております。

 

奇しくも今年の1歳募集でレイクヴィラF産の馬がキャロットの

募集馬ラインナップにこのタイミングで急遽飛び込んできたので、

前向きに検討します。

 

あとはステルヴィオ半妹グランパラディーゾが次の中山開催後半

デビュー予定の報が。月末の札幌キーンランドCを走る兄ステルヴィオと

ともに期待したいですね。

| 一口馬主 | 23:57 | comments(2) | - |
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE