伊豆大島発!民宿三佳ブログ

伊豆大島の様子や出来事に加え、管理人の日常やら
思ったことなどを書き綴るブログでありますよ。
台風の前に。

台風迫る月曜日、東京競馬場に行ってきました。
 




目的はこちら。



 

BSやCSの競馬専門放送、グリーンチャンネル内の番組
「草野仁のGate J.+(プラス)」
の公開収録。
 

お友達の画家である武藤きすいさんが
こちらの番組に出演されるということで
応援の意味もあって観覧に参加した次第です。
 

きすいさんとご主人の武藤氏とは、オリエンタルシチーという
お馬さんが縁でお付き合いが始まったのですが、
彼(オリエンタルシチー)がデビューしたのが2000年だから
もうかれこれ14年になるんですね。


きすいさんも大井や東京競馬場での絵の展覧会開催、
そして馬券裏京王電鉄の切符に載せられた馬の絵の制作を経て、
遂にグリーンチャンネルに進出ですか。
すっかりビッグになられました。



 

収録は東京競馬場内の競馬博物館で行われました。



 

1時間程度の収録予定でしたが、滞りなく
時間通りに終了。

このあたりさすが草野さんの進行ぶりだったでしょうか。

番組内容は、いま競馬博物館で行われている
英国ジョッキークラブ秘蔵 競馬名画展
などの紹介と、草野さんときすいさんのトーク、
アシスタント黒澤ゆりかさんへのきすい画伯の
馬の書き方講座?という感じでしょうか。

この模様は、11月6日より前・後編に分かれて
グリーンチャンネルにて放送されます。

グリーンチャンネルの視聴環境がある方は
ぜひご覧になっていただきたい番組です。
 

| 競馬一般 | 18:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
今年も有馬。
昨年の今頃、こんなブログを書いておりましたね。


2005年12月25日
「有馬記念。」



あれから・・・
あの地獄のような有馬記念(前述のブログ記事参照)から
一年が経ちました。

そして今年も懲りずに有馬記念のため
白井は上京してきました。


今年は12月24日。
すなわちクリスマスイブに行われたのです。


今年の有馬はディープインパクト引退興行。
ディープの関係者、そしてJRA的にも負けられない一戦が
そこにはありました。

そして、昨年の屈辱にまみれた有馬デーに対して
リベンジを誓う白井も中山競馬場に向かったのでした。


この日まず一つ目のリベンジ。
その目標は、有馬記念の馬券的中。

あれだけ強いディープがここまで国内で1着を逃したのは
昨年の有馬記念ただ1レースのみ。

仲間内では
「今年も白井さんがいるからディープは負けるんじゃないか」
などと散々な言われ様。

ああ、確かに去年のディープ、そして今年のダービーでも
フサイチジャンクを豪快にカッ飛ばしましたよ俺様の力で・・・

とは思いつつも、ここは・・・
無事終わらせたい引退レースとはいえ、国内でのレースじゃ
ディープが負けるわけがない。

ということで、勝負馬券はディープ1着固定の三連単。

相手は馬の名前を見ても目移りするだけなので、
鞍上(騎手)の腕達者順に買いました。

そして迎えた3時25分。
11万観衆の大歓声の中、有馬記念ゲートが開きました。


大方の予想通りアドマイヤメインが速めのペースで先導する展開。
いつもどおり後方に待機するディープ。

一週目スタンド→1コーナー→2コーナーと淡々と進んでいたレースが
3コーナー→4コーナーで一気に動きだします。


内内で早めスパートのダイワメジャーが発進すれば、
外を物凄い勢いで捲くって行くディープインパクト。

去年4角でもたついたディープの姿は、
そこにはありませんでした。

僕は個人的にディープを巷ほど評価してはいないのですが、
この4角の馬なりで追い上げる脚の凄みには、敬意を表します。

そして、その脚を繰り出せたから、この時点で
ディープの勝利は決定的でした。

直線入り口では先団を捉え、先頭に立ってからは軽く流すように
ゴール板を駆け抜けたディープ。


そのゴールは彼の競走馬生活の終点でもありました・・・。


国内ではほぼ完全無欠の戦跡で、史上最強馬の呼び声高い
ディープインパクト。

確かにそうかもしれない。

しかし、ディープにはライバルと呼べる馬がいなかった。
すなわち国内で負ける事はまず無いわけで、
なればこそ海外で、より高いステージで・・・と
白井は思ったわけです。

事実、凱旋門賞ではああいう結果だったわけで、僕はそれなら
国内で勝負付けの済んだ連中と戦い続けるのではなく、
外に敵を求めたエルコンドルパサーのほうに魅力を感じたりもするのです。
(ディープは内国産、エルコンは外国産という差もあったりしますけどね・・・)

だから、ディープにはもう一年現役を続けて、
海外で戦って欲しかったです。


まぁ、なにはともあれ、残念ですけどディープはコレで引退。
最終レース終了後は引退式が行われ、
大観衆が中山に居残ってディープの旅立ちを見送りました。


真ん中左が引退式でのディープ。


そして、白井のリベンジは・・・

100円当てました。


いや〜、良かったです。
ポップロックなんて、当初考えてもいませんでしたが
騎手で買ってよかったです。
ペリエ神に感謝感謝。

払戻金は帰りに「世界の山ちゃん」で
キレイさっぱり使いました(笑


そしてもうひとつのリベンジ。

あのカップル地獄のお台場へ向かうゆりかもめ。
一年前はレインボーブリッジから身を投げかけた白井でしたが、
今年は違いました。

この時期の中山名物クリスマスツリーで、
こんな写真が取れる身分に成長しました。



ちなみに有馬記念の馬券のことで
「なんでポップロック買えって言ってくれなかったの(怒」
「自分だけ当たってずるい」
と罵倒されてしまいましたよ・・・。

ゴメンナサイ。
ポップロックなんて正直来ると思わなかったんです。

それでも彼女のたっての希望で実現した
ディープインパクト引退記念観戦デートだったので、
ディープが快勝して満足してくれてたみたいでした。

念のため断っておきますが、今回は乗馬をたしなむ彼女が
「武豊とディープのコンビを観に行きたい」というので有馬に行ったわけで、
僕が強要して有馬に連れて行ったわけではないです。
僕のことを知ってる人はそう思いそうなので、
そうじゃないんだよということをお知りおきください。


と、いうことで。



今年の有馬は昨年のリベンジをしっかりと果たし、
中山を後にしたのでした。


そして来年。
また白井は有馬へ行くのでしょうかね・・・?
| 競馬一般 | 23:55 | comments(5) | trackbacks(0) |
ヴィートヴァンクル2戦目。
前日の新年会後は埼玉のすだち☆くん夫妻宅に
お世話になりました。

翌朝は朝一で温泉に行くことに。
すだち氏宅よりほど近くにある「百観音温泉」へ。

百観音温泉。埼玉のど真ん中に温泉が!

埼玉のまんなかにこんなマジ温泉が湧いているとは
驚きでしたが、さらに驚いたのはこの温泉の大人気ぶり。

駐車場が車で溢れかえり、脱衣所はおしあいへしあいに近い
レベルの混雑ぶり。

おいおい、日曜の朝8時半やで?

思わず心の中でそう呟いてしまいましたが、
ここまで混雑している温泉を白井は見たことがありません。
大島の温泉はあそこまで混まないよ・・・。

しかしながら、お風呂のほうはさすがに素晴らしかった。
朝の露天風呂は最高に気持ちが良いです。
脱衣所なんかは混みこみでしたが、お風呂はスペースが確保できる
程度で、混雑はそう気にはならなかったです。

お風呂ですだち氏とこれからの一口馬主や、地方競馬の話などを
語り合い、温泉につかりつつ「ああ、我々は本当に馬キチだな」と
実感しました。

いやいや、何かひとつのことにここまでのめり込める、
打ち込めるって素敵やん?


さて、温泉を出てすだち氏宅に戻り、私白井の愛馬である
ヴィートヴァンクルの2戦目をグリーンチャンネルにて観戦。
京都のレースに出走なので、現場で見ることができないのです。
一口始めてもう5〜6年になりますが、いい加減、生で
愛馬の出走レースを観戦したいんですけれども、いかんせん
関西所属馬が多く、西のほうでばっかり出走するものですからなかなか
機会がありません。
関東馬も持ってるけど順調じゃないからな・・・。
今年こそ愛馬を生応援したいものです。

そうこうしているうちにレース。

デビュー戦は思いっきり太め残りで走る気もイマイチの
ヴァンクル(結果最下位)でしたが、この2戦目は相手もかなり楽に
なったしダート変わりということもあって変わり身が期待されました。

結果から言うと、大勢が決してから追い込んでの4着だったんですが、
緒戦大敗、マイナス18キロでもまだ太い、距離的に忙しく(1400m)
追走に苦労、といったところを考えると良く走ったかな、と。
次走がダート1800mとかなら、初勝利が期待できそうな気がします。

・・・いや、待て。

過去4着とかで「次は勝ち負け」と思っていたけど
結局勝ち上がれずに引退していった馬もいたじゃないか。
エンドレスシーンなんかは2歳夏で2着があったにもかかわらず未勝利。

中竹先生、なんとかヴァンクルを続戦させてやって下さい。
そして、ひとつ勝って安心させて下さい。
使い込んで良さが出るブライアンズタイム産駒だし、
3戦目で更なる良化を見せる筈なので、次こそ必ず・・・。

その後すだち氏宅で夫妻の愛犬オスカー君と戯れ

すだち氏夫妻の愛犬オスカー。常に元気いっぱいです。

お昼をご馳走になった後、買い物のため新宿へ向かいました。

新宿ではまずタカシマヤの東急ハンズへ。
「白井ヴィンセントグッズ」を購入するためです。
「白井ヴィンセント」というのは、TVKで放送中の「sakusaku」という
番組に出てくる人形なのですが、「白井つながり」で勝手ながら
愛着が湧き、上京の折は是非グッズを購入しようと心に決めていた次第。

ハンズへ向かうと、日曜ということもあってか凄い混雑ぶり。
ハードゲイとか長州小力とか安田大サーカス団長変身グッズなんかあって、
ああいまどきはこんなにタイムリーにバラエティグッズが
発売されるんだなぁ、と感心。
ちなみに小力グッズは「こぢから」と書いてあってワロタ

ハンズで白井ヴィンセントグッズを発見しましたが、
レジが酷いことになってるようだったので三越のLOFTへ。
ここではすんなりと買い物ができ、白井ヴィンセントグッズを
無事コンプリートできました。

白井ヴィンセントグッズコンプリート。

これで民宿三佳でも「sakusakuごっこ」が可能になりましたよ!
三佳にお泊りのお客様でサクサカーの方がいらっしゃいましたら、
その旨伝えていただければ白井ヴィンセントのハンドパペットを
貸し出しいたしますよ。
木村カエラ似の女性であれば尚更よし。


さて、そんなこんなで今回の東京遠征も終了の時が。
東京を後にする時はいつも寂しさがこみ上げます。
大島の静かさと、東京の喧騒のギャップが激しいからでしょうかね・・・?

東京ともしばしお別れ。またくるよ。

また愛馬の出走時にでも遊びに行きますかね。
| 競馬一般 | 23:45 | comments(6) | trackbacks(1) |
新年会。
今日はちょっと遅めの新年会のため上京。
管理人の競馬友達であるすだち☆くんが主催する
mixiのコミュニティ、「無印会」の集会なのだ。

この「無印会」、メンバーは一口馬主の仲間で構成されており、
「愛馬(出資馬)がたとえ新聞紙上で"無印"であっても、
熱く応援することを誓うよ!」
という趣旨に賛同する、非常に濃い人々の集うコミュニティです。

白井も朝のジェットフォイルで集合場所となっている
東京競馬場(府中)目指して出発。
8R前には現場に到着しまして、すだち氏と合流。
9RのクロッカスSから馬券を買うことに。

やってきました男の戦場、府中へ。
府中は快晴。絶好の競馬日和でしたよ。

するといきなり三連単がヒット。
配当がド安めでほとんど儲けはありませんでしたが
いやいや、三連単初的中だったので少々興奮してしまいました。

実際に馬券を買って、現場でレースを見ると、
数百円の購入額でもやはりドキドキ感が全然違います。

本日のメイン、G慧豕新聞杯のゴール前。
G慧豕新聞杯のゴール前。伏兵のフジサイレンスが豪快に差し切る。

東京12Rのゴール前。柴山差せ〜!差してこ〜い!!
東京最終R。写真左端のタマモドン(白帽)が三着に届いて馬券的中。

当たり馬券。三連単初的中、でも配当安すぎ。
白井の的中馬券。でも収支はマイナスだったりして・・・トホホ。

という感じに、久しぶりのお休みを競馬場で過ごしました。
やっぱ競馬はライブが楽しいですよ〜。

さて、競馬終了後は府中駅近くに移動し、新年会に突入。
土間土間という居酒屋さんで飲み放題コースを選択し、
食べたいものを注文し、ガンガン飲んで食べて、馬の話をして、
おニャン子の話をして、萌え・・・

あれ?
萌えってなに??

・・・。

まあそんな感じで飲み会もつつがなく終了しましたとさ。

新年会は土間土間府中店で。カマンベールチーズのフライと牛タンシチュー。

今回も大変楽しくお酒が飲めました。
次回はもっと大勢でワイワイやれるといいなぁと思いました。
| 競馬一般 | 23:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
忙しいよん。
白井は大島の某建設会社に勤めておりますが、
一月末工期の仕事があり、都の完了検査を受けるため
検査資料作成に追われております。

ああ忙しい忙しい・・・。

そんな忙しい中でも、みな競馬好きで、
共通の話題で盛り上がることができるから楽しくやれてます。

今日は白井が足しげく競馬場に通っていた頃の
競馬写真(みんなお友達に撮って貰った写真)を持っていき、
「あの頃の競馬は・・・」と熱く語ったりしました。

こうへい氏のブログでは重賞予想バトルが開幕し、
また白井の影響からか、一口馬主熱が上がっており、
一口クラブ入会ラッシュになるやも知れません。

一口馬主といえば、白井の所属クラブ「キャロット」より請求書が来て
今月から2歳馬の飼葉代支払いが開始となりました。
全馬一口のみの出資ながら、さすがに9頭持ってるとなると
バカにできない金額になってきました。
クラブ会費+飼葉代9頭分で一万円を越えてきました。

いい加減、出資馬さんたちには頑張ってもらわないと
困ってしまうんですが、生き物なのでなかなかうまくいかない。

2歳馬は夏以降の稼動となるのでまだなんともいえませんが、
3歳以上の世代の5頭で今トレセン在厩の馬はヴィートヴァンクル一頭だけ。
あとはアッチが痛い、コッチが痛いで牧場or育成場待機です。

大体順調に行かないというのにはいい加減慣れてきましたが、
出資頭数が増えてるので出走回数くらいもちっと増えないもんかな、と。

と、いうわけで唯一の稼動馬ヴィートヴァンクルは29日の京都未勝利戦
ダート1400mに出走予定で、初戦大敗の屈辱を晴らす好走を期待。
| 競馬一般 | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
さよなら徳吉騎手。
今日の午後、管理人白井が大ファンだった徳吉孝士騎手の引退が
JRAから発表されました。

騎手生活14年で通算3213戦116勝(中央のみの戦績)。

今年の徳吉騎手は、6月以降騎乗機会がなく、
心配するとともに、「そろそろなのかな・・・」と心の準備をしつつ
競馬を見ていたのですが、とうとう引退が決まってしまいました。


白井がはじめて徳吉騎手を意識したのが、
1996年の新潟三歳ステークス。

この年の春頃から競馬を始めた白井は、人気薄パーソナリティワンの
逃げ切りにシビれ、競馬にのめり込んでいくことになります。
そして、その時パーソナリティワンの鞍上にいたのが、
重賞初制覇となった徳吉孝士騎手でした。

当初、お気に入りはパーソナリティワンのみで、
鞍上についてはあまり興味がなかった白井。
実際、パーソナリティワンが翌年春からコンビ変更(中舘・大西)
になっても、さして気にすることはなかったのですが、
2年後の98年クラシックシーズンに起きた

「セイウンスカイ乗り替わり事件」。

パーソナリティワンの主戦に復帰していたこともあり、
これでもう徳吉騎手を応援しようと思いました。

それからは毎週徳吉騎手の騎乗馬をチェックするようになり、
応援HPなんかを作ったりもして(更新しないダメページでしたが)
競馬場で徳吉騎手とその騎乗馬に声援を送りました。

徳吉騎手はポテンシャルの高い馬に恵まれず、大体年間10勝ほど。
ですから現場で見られた1勝の重み、そしてその感動は他に
代えがたいものがありました。

JRAの「GO!JRAジョッキーキャンペーン」では
マイジョッキーに当然徳吉騎手を選択。
JRAから景品のジョッキージョッキを頂いたりもしました。

徳吉騎手の写真とGO!JRAジョッキーのマイジョッキー会員証。

雨のさきたま杯。パーソナリティワンとの名コンビ。

前述の通り徳吉騎手はマイナージョッキーで、なかなか
強い馬に乗る機会がありませんでしたが、オープンで活躍した
パーソナリティワンが最高のパートナーだったでしょうか。

また、白井が個人的に思い出深い馬では、
すだち氏夫妻の愛馬でもあったオリエンタルシチー。

オリエンタルシチーの新馬戦。この馬も徳吉騎手の最高のパートナーでした。

やんちゃ坊主でしたが、新潟へ遠征して観戦した塩沢特別。
徳吉騎手とのコンビで直線弾けるように伸びてきた姿は
今でも興奮を呼び起こします。
その土日で特別3勝を挙げ、徳吉騎手がオンワードセピアで100勝達成した
瞬間を見届けられたのは、本当にファン冥利に尽きます。

あの夜、新潟ですだち氏夫妻と飲んだお酒は
本当に、本当に美味しかった。


ほかにもマイネガナドールやマッケンボーイ、
勝った馬負けた馬、沢山いました。

徳吉騎手勝利時に現場にいたときは、ウィナーズサークルで
必ず握手をしてもらってました。
サインの希望にもシッカリ応えてくれる、ナイスガイでした。

朝の調教時の徳吉騎手。いい顔をしてて一番好きな写真です。

徳吉騎手は、12/31付けで騎手を引退し、
蛯名信広厩舎の調教助手として活動する予定とのこと。

新たな道で、騎手として果たせなかった夢を
必ずかなえて欲しいと思います。


徳吉孝士騎手。

今まで本当にお疲れ様でした。
そして有難うございました。


白井の競馬好きになった三大要素。
パーソナリティワン、メジロドーベル、そして徳吉孝士騎手。
そのすべてが現役生活を終えました。

白井の競馬の歴史にもひと区切り、です。
| 競馬一般 | 23:45 | comments(4) | trackbacks(0) |
一進一退。
レストレスハートのデビューで、ウチの2歳戦もようやく
開幕しました。
コレに続くのは管理人に一口初勝利をもたらしてくれた
ヴィートマルシェの弟、ヴィートヴァンクルのようです。

稼動馬(トレセン在厩)

レストレスハート(栗東・松元省 牝2 未勝利)
レース後も問題なし。次走は阪神3週目あたりを目標に。

管理人としてはレストレス、10日の芝1600牝限を使って欲しいッス。
3週目は、牝限ってダ1200だけ。まさかオトコ馬にぶつけるんですか?
それはちょっと厳しい異様な気も。

ヴィートヴァンクル(栗東・松元省 牡2 新馬)
23日にゲート試験合格。デビューに向け本格的な調教に移行。

ゲート試験合格キタキタキタキタ━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━!!!!
来週から速いところが始まると思われるので、そこで
どれだけのタイムを出してくれるか、楽しみです。
デビューは3〜4週目の芝ですかね。

休養馬

ヴィートマルシェ(美浦・小島太 牝3 500万下)
NF早来在厩。引き続きウォーキングマシーン調整。

フィルドール(美浦・相沢 牝2 新馬)
山元トレセン在厩。左肩と右トモの出が良くないため、23日に笹針を打ち
25日に山元トレセンへ移動し立て直す。

ヴァレンティーノ(美浦・二ノ宮 牡2 新馬)
NF空港在厩。引き続き舎飼休養で手術痕の回復待ち。


ということで、フィルドールは山元に出して立て直しと相成りました。
正直、一番の期待馬なので残念ですが、春に向けて間に合う範囲で
デビューできるよう戻ってきて欲しいです。


今週はヴィートヴァンクルがゲート試験合格で一歩前進、
フィルドールが山元送りで一歩後退と、一進一退でした。

例年出資馬は一頭ないし二頭だったので、あまり考えては
いなかったのですが、現2歳は関東馬2頭・関西馬2頭なので、
愛馬の出走レースが東西でかぶった時にグリーンチャンネルの録画は
どうしようか、なんて今から悩んでおります。
| 競馬一般 | 23:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
3着でした。
京都5Rの新馬戦でレストレスハートがデビューしました。
結果から言うと、2番人気で3着。
勝ったエアデュシェスから1秒も離されてしまいました。

このレースの上がり3ハロン37.0なんですが、
前半が33.8と新馬にしては異常なハイペースなんですね。
翌日かなりの好メンバーが揃った同距離の500万下は
前半35.8後半35.1ですから、そりゃ終いバタバタになりますよ。

ウチのレストレスは最悪に近いスタートながら、
おっつけおっつけ中団キープ。
4角8番手でインを突くも、前が詰まり外に持ち出すロス。
うまく立ち回れれば2着のエレガントホーラーとは際どかったかな、と。

それでもエアデュシェス、強かったな〜。
アグネスタキオン産駒恐るべし。
勝ち時計も翌日の500万下を凌いでますからね。
これは相手が悪かったかもしれない?

6年前、お友達のPAPA(ピーエーピーエー)氏の出資馬だった
ロードアイランドがこのエアデュシェスの母エアレンヌに
敗れていますから、我々にとっては因縁の相手、ということ。

恐らくこのエアデュシェスとは、ウチの愛馬がまた対戦することに
なると思いますので、借りは後でキッチリ倍返しさせてもらいますよ。
フィルドールっていうタキオン産駒もスタンバイしてますしね。
今日のところは春の楽しみが増えた、とでも言っておきましょうか。
| 競馬一般 | 23:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
いよいよ出陣。
金曜恒例の出資馬情報です。
明日の京都5R新馬戦で、ウチの2歳勢の先陣を務める
レストレスハートが登場します。
白井最初で最後のサンデーサイレンス産駒出資馬。
どんな競馬を見せてくれるのか・・・楽しみです。

ということで、愛馬近況は下記の通り。

・ヴィートマルシェ
ウォーキングマシン調整。
「元々歩様に硬さのある馬なので乗り出しの時期については
慎重に見定めていきたいと思います」(早来担当者)

春までこんなペースかとは思われますが、じっくり待ちますよ。

・フィルドール
17日ゲート試験を受けて合格。しかし、その後にやや肩の出が悪く、
午後に筋肉注射を施した。
「肩だけの問題ですので、恐らくは筋肉痛の類だと思います。
もし症状が改善されないようでしたら、いったん放牧に出すことも
考えます」(相沢師)

ああ〜、一旦「12月18日の中山競馬(2歳新馬・牝馬限定・芝1600m)」と
目標レースが決まったのに〜・・・。
筋肉注射即効回復希望。

・ヴァレンティーノ
舎飼休養。
「左前脚にボルトを入れる手術を行いましたが、経過は順調。
もう暫くは舎飼を行い、患部の回復を待つことになります」(空港担当者)

ここからは動けないストレスとの戦い。頑張れ。

・レストレスハート
16日は栗東坂路で単走追い(2本目55.5-40.3-26.4-13.0)。
「16日は馬場も悪かったので時計はかかったが、まずは予定どおり、
終いだけ伸ばしました。どうも頭数が多そうなので、もし除外になるよう
なら阪神まで待つかもしれません」(松元省師)
「まだ力がつききっていない感じはしますが、きれいなフォームを
しているので、芝に行ってよさそうですね」(幸騎手)
19日の京都競馬(2歳新馬・牝馬限定・芝1400m)に幸騎手で出走。

いよいよ明日デビュー。
終い12秒台が出ないので、芝での切れ味勝負という点で不安はありますが
とにかく除外されなくてよかった。
あとはいい結果を期待してます。

・ヴィートヴァンクル
16日は角馬場から馬場内のゲートでゲート練習。
「先週Eコース脇の(試験用)ゲートに行ってみたのですが、
まだ出るという段階ではないので、馬場内のゲートで練習しています。
もう少し練習が必要かと思いますが、今のところ煩いなどの
問題はありません」(中竹師)

まずはゲート試験。それからですね。

レストレスハートのデビュー戦、相手をざっと調べました。
ウチの馬は仕上がりのよさという点でなかなか良い部類のようです。
また、血統的スケールからいってもサンデー産駒ということで上位の存在。
緒戦から好勝負が期待できそうです。
正直、抽選で落とされたフェリークだけには負けて欲しくないです。
| 競馬一般 | 23:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
デビュー戦決まる!
金曜恒例、今週の愛馬の動きです。
ついにレストレスハートのデビュー戦が決まりました。
入厩から二ヶ月、無事デビューを迎えられそうです。
相手は強敵ぞろいとなりそうですが、いいところをみせて欲しいです。

・ヴィートマルシェ
ウォーキングマシンのみの調整。引き続き、トウ骨骨膜と
体の回復に努めています。

ふと思ったのですが、かなり緩めの調整ですよね。
馬体重、大丈夫なのかな?

・フィルドール
美浦坂路での乗り込みとゲート練習。
「ゲートから出て行かないのが難点ですね。ゲート試験合格に向けて、
調整を続けていきたいと思います」(相沢師)

ゲート試験、時間かかりそうだな〜。
来週あたりゲート試験と思ってただけに残念。
年内デビュー、ちょっと怪しくなってきたかも。

・ヴァレンティーノ
7日、社台ホースクリニックにて左前第3手根骨にボルトを入れる
手術を行い、無事終了。現在は舎飼にて様子を見ている。

これはもう待つしかないので・・・。
ストレスに負けないで頑張って。

・レストレスハート
9日栗東坂路で53.1-39.0-25.9-13.0の併せ追い。
「先週は今ひとつだったが、あれで変わってきたのか今週は
だいぶいい動きを見せてくれました。これなら来週デビューさせることが
できそうです」(松元省師)
19日の京都競馬(2歳新馬・牝馬限定・芝1400m)に幸騎手で出走予定。

と、いうことでデビュー戦決まりました!
来週土曜の京都。大物感溢れるデビュー時期ですよ。
ただ、このレースはキャロで同価格、同父、そして堂々の一番人気馬だった
橋口厩舎のフェリークが武豊騎手で出走予定なのです。
それでも向こうはまだ追い切りで目立った動きをみせておらず、
仕上がりのよさなら間違いなくウチの馬なので、ここではなんとか
先着して欲しいです。

・ヴィートヴァンクル
熱発は治まり、8日から乗り始めている。
「9日は500mの角馬場で乗り、ゲート練習です。
しばらくはゲート練習中心で進めていきます」(中竹師)

熱が治まってヨカッタ。でもこちらも一頓挫あったので
年内デビューは難しいかな〜。


レストレスハートのデビュー戦が決まり、いよいよ
ウチの2歳馬たちも本格稼動開始です。
ただ、レストレスハート以外は入厩に漕ぎ着けながらも
骨折、ゲート難、熱発と順調さを欠いてます。
ここに来て相変わらず一口の厳しさに直面しておりますが、
レストレスハートにはなんとか無事にゲートイン、そして
なんとか無事に回ってきて欲しいです。
欲を言えば、新馬勝ちお願いします(笑
| 競馬一般 | 23:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE